ひよこは後藤孵卵場 ゴトウグループは、日本で唯一の純国産鶏「さくら」、「もみじ」の「種(遺伝子)」を保有しています。

株式会社後藤孵卵場(ごとうふらんじょう)
養鶏業者様へ
廃鶏堆肥化処理装置 WCC

目的

  • 養鶏場での斃死鶏や汚破卵は、焼却・埋設・醗酵槽などで処理が主に行われていましたが、 今後は各種の規制により、今までの処理方法が難しくなります。
  • WCC(廃鶏堆肥化処理装置)は、高温条件下で滅菌し斃死鶏などの 汚染源を迅速かつ衛生的に処理を行うことを目的としています。
  • 焼却には燃料費の高騰や悪臭公害が伴います。
  • 埋設は地下水汚染の原因となります。
  • 斃死鶏の原因には、鶏病や脱肛などがあります。農場にそのまま放置すると、 前者は鶏病の汚染源、後者は大腸菌の巣となります。更には、衛生害虫の増殖を招き、 悪臭の発生源となり農場内の環境汚染を引き起こします。
  • 鳥インフルエンザ対策は、野鳥・野生獣(野良犬)や衛生害虫の場内侵入を防止することが第一です。 コンポや醗酵槽に斃死鶏を投入すると処理に時間がかかり、これらを引き寄せる原因となります。

特徴

  • シリコンゴムヒーターを使用し、バイメタル、温度センサー、温調器等の安全装置を二重三重に装備し、火災の心配がなく安全に処理が出来ます。
  • 強力な撹拌羽根が廃鶏を無理なく完全に処理します。
  • 微生物による分解処理のため減容率が高く、処理物の取り出しが極端に減少します。
    また、処理物が腐敗する事なく処理されるので、腐敗臭等の心配はありません。
    (市街地などで臭気が気になる場合には、別売りのスクラバー生物脱臭塔を用意しました。)
  • 110℃までヒーター温度が上昇し処理しますので、病気の伝染を防止します。
  • 処理済みの物は、たい肥と混合して良質の肥料として利用できます。
  • 生ゴミ等の残渣を前処理し、飼料原料と混合して再飼料化等、色々な使い方があります。

使用方法

  • まず最初に水分調整材(オガ粉)等の乾物を入れます。
  • 次に微生物(100リットルにつき1kg)を入れます。
  • 廃鶏等の処理物を入れ、運転開始。
    (一度に投入できる量は、容量の70%です)
  • 羽根の先端から50mmの所まできたら、取り出し口から排出して下さい。

処理装置仕様

プロトタイプ 小(430kg) 中(530kg) 大(850kg)
規格・寸法(mm)
幅×奥行×高さ
1600×950×1000 1700×1050×1000 1900×1100×1100
有効処理容量(リットル) 300 430 700
モーター(kW) 0.75 0.75 0.75
ヒーター(W) 1500 1750 2094
電源(V) AC200V AC200V AC200V