ひよこは後藤孵卵場 ゴトウグループは、日本で唯一の純国産鶏「さくら」、「もみじ」の「種(遺伝子)」を保有しています。

株式会社後藤孵卵場(ごとうふらんじょう)
純国産の意味
地産地消の推進
日本農業を守り食料自給率を向上させるにはどうすれば良いのでしょう?

その根幹をなすのが“地産地消・国産国消”の推進です。

地産地消とは、その土地で生産されたものをその土地で食するという意味で、自国で消費する食料は自国で生産すること(国産国消)が望ましいということです。

地産地消の推進

当社は初生ヒナの生産販売を主な業務としています。最大の特徴は日本の民間企業で唯一の純国産鶏「さくら」「もみじ」の『種(遺伝子)』を保有し、昭和17年の創業以来、鶏の育種改良をすることによって“純国産のたまご”を提供していることです(多くのたまごは、海外から輸入された親鶏(増殖目的の為に飼う鶏)から産まれた鶏が日本国内で産んだものです)。
消費者の皆様に安全・安心・美味しいたまごを提供するため、生産から販売までを一貫して取り組み“地産地消・国産国消”を推進しています。

これらの推進は皆様のご理解とご協力がなくては成立しません。即ち、消費者と生産者が手を取り合うことで食料自給率も向上し、日本の農業・食の安全も守られるのです。